プロピルヨーグルトは腸内に善玉菌を増やす

プロピルヨーグルトは、腸内に生きたままプロピオン菌を届けて
腸内の環境を整えます。

 

いわゆる腸内の善玉菌を増やします。

 

善玉菌が増えて腸内の働きが活発になれば、便秘もマシになる可能性があります。

 

プロピルヨーグルトは、作り方も簡単で効果を実感している人が多いので人気は高くなっています。

 

プロピルヨーグルト,善玉菌,便意

 

プロピルヨーグルト,善玉菌,便意

 

プロピルの効果は食べ始めて約1週間くらいから体感できることが多いです。

 

 

 

 

善玉菌

プレーンヨーグルトを食べると体に良いと言われていますが、善玉菌が関係しています。

 

腸内には、善玉菌と悪玉菌が常在菌として存在しています。

 

善玉菌が多ければ、腸内環境が整っていると言えますし、逆に悪玉菌が多くて善玉菌が少なければ、腸内環境が悪いと言えます。

 

そもそも腸内環境が悪いと善玉菌が減りますが、そのことによってどんなマイナス要素があるのでしょうか。

 

悪玉菌は、腸内でタンパク質を餌にして腐敗を起こします。

 

そうすると、アンモニアやインドール、スカトール、硫化水素等が増えて少しずつ腸内を傷つけます。

 

それが、長期化すると癌化するリスクが高まり、ガンになる可能性が増えてしまいます。

 

人並み外れておならが臭いという場合は、悪玉菌優勢になっている可能性が高いので、食生活を変えて善玉菌を増やしていくのがベストです。

 

善玉菌は、乳酸捍菌、ユーバクテリウム、ビフィズス菌などの乳酸を作り出す乳酸菌や酪酸や酢酸を作るコプロコッカス、ルミロコッカス等があります。

 

善玉菌は、下痢や便秘を予防したりホルモンやビタミンの産生、コレステロールの低減などに関わっています。

更新履歴